News

人材業界に朗報!履歴書の取り込みを飛躍的に進化させる「Parsing技術」とは?

DaXtra x Parsing

HR Techの正体にせまる!今話題のHR Techサービス特集

ここ数年ですっかりなじみの言葉となりつつあるHR Tech。「言葉は知っているけれど、その本質は今いち、よく分かっていない…」「日々登場し続けるさまざまなサービスを把握するのは一苦労…」 この記事ではそんな人に向けて、今話題のHR Techサービスを掘り下げてご紹介します!

HR業界を進化させるParsing技術

人事部門・人材業界、誰にとっても活用できる

テクノロジーの発展で生産性は上がる

【HR Tech特集】人材業界に朗報!履歴書の取り込みを飛躍的に進化させる「Parsing技術」とは?

株式会社SCOUTERが運営するクラウド求人データベース「SARDINE」がAI構文解析技術を持つ英国DaXtra社と業務連携

人材紹介会社向けクラウド求人プラットフォーム「SARDINE」を運営する株式会社SCOUTER(東京都渋谷区、代表取締役:中嶋汰朗 以下、当社)は、解析および検索アプリケーションを提供する、英国本社、DaXtra Technologies Japan合同会社(東京都渋谷区、代表:矢野広一、以下、DaXtra)と業務提携し、小規模人材会社が所有する転職者情報の自動取り込み、及び解析データを用いた業務支援を開始いたします。

DaXtra partnership with Scouter

■提携の背景

人材紹介事業に必要な許認可である有料職業紹介免許の取得事業所数は、2018年中に日本全国で20,000事業所に達するとされており、その内の約85%は従業員数10名以下の小規模事業者であると言われています。こうした背景においては、大手人材紹介会社では、膨大な過去のマッチングデータを活用することで業務効率の改善および転職者と求人企業のマッチング率の向上を実現できる一方、多くの小規模人材会社においてはマッチングデータが分散し、十分に活用されていない状況であると考えられています。

当社では2018年5月に開始した、小規模人材紹介会社向けクラウド求人プラットフォーム「SARDINE」(https://sardine-system.com/)の利用企業数が増加し、SARDINE上に登録された転職者数は既に約3,000名に達しています。今後更なる利用企業数の増加が見込まれる中で、個々の人材紹介会社が持つ転職者情報および、SARDINEに蓄積される選考データを活用し、転職支援を行う全てのエージェントの意思決定をエンパワーメントすることで、より質の高いマッチングを実現できる可能性が高まると判断し、業界トップクラスの解析技術を持つDaXtraとの提携に至りました。

■DaXtraについて
DaXtra Technologies(https://www.daxtra.co.jp/)は、英国に本社を置き、リクルートソリューションで重要な役割を果たす解析および検索アプリケーションによって、人事部門およびHR業界から世界的に注目を集めているソフトウェアサプライヤーです。今回提携するDaXtra社の提供する構文解析技術『DaXtra Parser』は、独自のAIエンジンと学習機能を搭載し、自ら平文の履歴書や職務経歴書の内容を解析、個々の情報をデータベース内の各項目に取り込む機能です。これにより、従来の手作業によるデータ入力や候補者データベース登録にかかるコストや時間を大幅に削減することが可能となります。

■今後の展開
履歴書および職務経歴書をDaXtra Parserによって構造化することで、エージェント毎の転職者属性を解析し、転職者のニーズが高いと予測される求人を優先的に獲得、SARDINEを利用するエージェントへ供給することが可能になります。またエージェントに対し、SARDINEに掲載中の求人と構造化された転職者情報をもとに最適な求人をレコメンドすることで、エージェントによる求人検索の手間を大幅に削減することが実現します。今後、当社では従来活用されてこなかった転職者と求人企業のマッチングデータに着目し、人材紹介における業務効率の大幅改善と、転職者に対する選択肢の最大化に尽力いたします。

■SARDINEについて(https://sardine-system.com/)
SARDINEは人材紹介会社向けの月額制のクラウド求人データベースです。月額利用料のみで、サービス上に掲載されている1,000社以上の求人に対して、自社で抱える転職者を掲載企業に紹介することが可能になります。また日本で唯一、成約時の紹介料を100%受け取ることができるクラウドサービスです。大手からスタートアップ企業まで幅広い業界の求人が掲載されているだけでなく、過去の選考結果や選考時のポイントまで求人に関する詳細情報を取得できることから、求人開拓の営業コストを最小化、また転職者に紹介できる案件を最大化することで、一人ひとり異なる転職者の意向に沿った最適な転職支援を実現します。

ご不明な点はお問い合わせください

https://corp.scouter.co.jp/news/18214

 

「サラリーマン」の解放はそう遠くはない

Daxtra Technologies Japan 代表 矢野広一

2018年も中盤に入った中、日本の転職市場が急速に変化してきていることを否定する人は少ないと思います。

この根底にあるのは、今日のデジタル経済において多くのエコノミストがもはや限界にきていると考えている日本の長年の「終身雇用」モデルの終焉です。

「サラリーマンとは何ですか?」
この用語になじみのない方に説明をしますと、日本では大学を卒業し、ソニーや野村、東芝といった知名度の高い会社に入社し、そして定年まで約40年間その会社と一緒にいる、基本的には男性のことを意味します。

良いか悪いかは別として、グローバリゼーションの波は、他の先進諸国においてはこの「終身雇用」モデルをずっと以前に終焉させました。例えば米国では「終身雇用」というのは「雇用された男性」が主要な所得者である一方で、多くの女性が専業主婦として扶養家族になっていた1950年代をイメージさせます。

しかし、日本では縦社会と年功序列で統制を維持するという国家の考えにより、この「終身雇用」という考え方は外部からの影響を排除しつつ、脈々と継続されてきた背景があります。安倍晋三氏自身も、改革の最大の理由は、日本の労働文化を変えることだと語っています。1

なぜ「サラリーマン」モデルは限界にきているのか?

サラリーマンモデルの課題の一つは、急速に変化するデジタル経済において勤める会社の業績によって自分と家族の生活が一気に不安定になるかもしれない、その柔軟性の無さです。

昇進を勝ち取るために、日本のサラリーマンは長時間労働を余儀なくされます – 人によっては常軌を逸した労働時間の人もいるでしょう。この労働時間とは、オフィスでの長時間勤務だけでなく、勤務時間終了後の上司や同僚とのいわゆる「つきあい」の時間も含まれます。

日本の労働時間

The Guardian; Japan TimesJapan Times; Expedia Japan

その結果、家事と子育ては女性の分担となるので、女性の労働力が大幅に減少するという状況になりました。

これは二つの大きな問題を生じさせています。
一つは 世界的にも圧倒的に低い出生率によって、日本は現在深刻な高齢化社会にあり、多くの雇用者は経済のけん引役となっている「デジタル テクノロジー」に縁遠い高齢者だということです。

もう一つは、専業主婦になった女性の専門的な労働力を失ったことです。
その結果、革新的で豊かな未来を創造できる可能性を持った女性や若くパワフルな人材層を失っています。

意識改革がけん引する働き方改革

何が変わってきているのか?

海外の転職市場も見てきた私の経験値でいえば、ほんの数年前までは日本では「転職」という行為に対しての見方が基本的には否定的な響きがありました。転職をするという行為は、しばしばコミットメント、忠誠心、一貫性、献身の欠如を意味していました。

しかし転職に関する意識はかなり変わってきています。 日本は他の先進国市場と違い、今でも2年から3年ごとに転職を繰り返す人はあまり評価されません。海外の場合だと転職の回数ではなく、転職の動機や目的などの内容を重視するのですが、いずれにせよ転職という行為に対する社会的な意識は変わりつつあります。

2,3年で転職を繰り返す人は、まだ日本では「Jumpy」(定着できない人)というイメージがありますが、ある程度の経験がある人が5年ごとに転職して、確実にキャリアアップするケースは日本でもかなり見られるようになっていました。

日本での転職事例

Reuters

この意識改革は結果として男女ともに40歳以上の経験豊富な専門家とフリーランサーの採用市場を開放しました。クラウドソーシングのランサーズ社によると、2017年5月中旬には1122万人がフリーランサーとして働き、前年より約5%増加しています。2

より良いHRテクノロジーで働き方改革をナビゲートする

日本の転職市場におけるこのような地盤変化をうけ、人材紹介企業とHRテクノロジー企業の両リーダーはこの世界第3位の経済大国に大きな投資を始めています。今年5月には、人材サービス最大手のリクルート社が米国の求人検索サイト「Glassdoor」を12億ドルで買収し、グローバル展開の加速について大胆な声明を発表しています。

実際、このような市場の変革がDaXtraが昨年、日本にオフィスを開設するという意思決定をした要因になっています。グローバルなHRテクノロジー企業が日本法人を開設したのは弊社が最初かと思います。私たちのようなHRテクノロジー企業は、企業が求職者の検索をより効率的かつ効果的にするために必要な解析ツールを提供しています。

実際、日本の転職市場は旧態依然としており、いまだにほとんどの業務が手作業で行われています。しかし、今日、そもそも転職に対する考え方が海外に近い若手人材や、意識改革により転職により積極的になりつつあるシニアな専門家人材の方々と向き合い、かつ競争に勝つためには、役立つ優れたツールが必要です。

旧態依然の体質に危機意識が無い人材紹介会社に対して、市場で起きている変革、そして求められる対応策を説得するのは、そもそも靴というものを履いたことが無い裸足の島の住人を靴というものがなぜ必要なのか、ということを納得させようとするのと同じなので、ある程度の時間は必要だと思っています。

「虎穴に入らずんば虎児を得ず」という諺にもある通り、よりグローバルに近づいている日本の転職市場で生き残っていくためには、グローバルで活用されているツールを使いこなして、一人一人の生産を高めていかないといけない、ということに「サラリーマン」という労働人口が劇的に減少している日本の人材紹介会社の方々もじきに気づくと思います。

Daxtra × Career Cross × PORTERSが共催する外資系人材紹介会社・ヘッドハンティング・エグゼクティブサーチ向けのビジネスセミナーをご案内します。

 

いつもお世話になっております。

本日は【業界最先端!人材紹介業務のプロセス効率化:AIを活用したレジュメ解析取込 × 応募者自動取込セミナー】をご案内させていただきます。

 

海外で圧倒的な支持を得ているAIを活用したレジュメ解析取込と、複数媒体からの応募者自動取込ソリューションで人材ビジネスの業務効率化を実現するセミナーです。

 

セミナーの詳細は下記のボタンよりご確認ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

日程:2018年 4月 18日

時間:14:00~15:00

受付時間:13:45~

場所:ポーターズ株式会社 セミナールーム

 

セミナーページへ

Openなシステムを利用する重要性について

DaXtra Technologies AsiaのCEO、Sergei Makhmodovは主張します。

「最先端の採用システムは「オープンなベンダー」を選択することで、よりその価値が増大します。」

私たちの人生の残りの大半は、よりテクノロジーに依存した世界であることは言うまでありません。 Fintechは金融の基盤となりつつあり、ソーシャルメディアのテクノロジーはメディアの基盤となりつつあり、そして、HRテックは人材採用の基盤になりつつあります。続きを読む

採用関連システムの変革者:それは新しい挑戦者ではなく、既存の人材紹介会社である

DaXtra Technologies AsiaのCEO、Sergei Makhmodovは主張します。

「人材紹介会社は技術革新に乗り遅れているのでしょうか? いいえ、実際、彼らは採用における技術革新を推進しています。」

テクノロジー業界で働いていると、しばしば新製品がどのように生まれるのだろうかと疑問に思う人々に遭遇します。まずテクノロジーの天才の頭にアイデアが浮かび、そして何ヶ月かの開発の後に現状をすっかり変えてしまうようなソリューションが生まれると思う人と長年の厄介で高価な研究や開発の最終結果であると考えている人もいます。続きを読む