News

AIの真実

DaXtra Robot AI ML

ロボットがすべてにとって代わるのか?
(Daxtra Technologies CTO Steve Finch氏に聞く)

ロボットが本当にすべてに取って代わるのでしょうか?
弊社CTOのSteve Finchに誇張されたAIと現在の人材業界の実態との乖離を聞いてみました。採用テクノロジーにおける最新のAI、機械学習やディープラーニングの実態についてわかりやすく解説してもらいました。続きを読む

人材業界に朗報!履歴書の取り込みを飛躍的に進化させる「Parsing技術」とは?

DaXtra x Parsing

HR Techの正体にせまる!今話題のHR Techサービス特集

ここ数年ですっかりなじみの言葉となりつつあるHR Tech。「言葉は知っているけれど、その本質は今いち、よく分かっていない…」「日々登場し続けるさまざまなサービスを把握するのは一苦労…」 この記事ではそんな人に向けて、今話題のHR Techサービスを掘り下げてご紹介します!続きを読む

株式会社SCOUTERが運営するクラウド求人データベース「SARDINE」がAI構文解析技術を持つ英国DaXtra社と業務連携

人材紹介会社向けクラウド求人プラットフォーム「SARDINE」を運営する株式会社SCOUTER(東京都渋谷区、代表取締役:中嶋汰朗 以下、当社)は、解析および検索アプリケーションを提供する、英国本社、DaXtra Technologies Japan合同会社(東京都渋谷区、代表:矢野広一、以下、DaXtra)と業務提携し、小規模人材会社が所有する転職者情報の自動取り込み、及び解析データを用いた業務支援を開始いたします。

DaXtra partnership with Scouter

■提携の背景続きを読む

「サラリーマン」の解放はそう遠くはない

Daxtra Technologies Japan 代表 矢野広一

2018年も中盤に入った中、日本の転職市場が急速に変化してきていることを否定する人は少ないと思います。

この根底にあるのは、今日のデジタル経済において多くのエコノミストがもはや限界にきていると考えている日本の長年の「終身雇用」モデルの終焉です。

「サラリーマンとは何ですか?」
この用語になじみのない方に説明をしますと、日本では大学を卒業し、ソニーや野村、東芝といった知名度の高い会社に入社し、そして定年まで約40年間その会社と一緒にいる、基本的には男性のことを意味します。続きを読む

Openなシステムを利用する重要性について

DaXtra Technologies AsiaのCEO、Sergei Makhmodovは主張します。

「最先端の採用システムは「オープンなベンダー」を選択することで、よりその価値が増大します。」

私たちの人生の残りの大半は、よりテクノロジーに依存した世界であることは言うまでありません。 Fintechは金融の基盤となりつつあり、ソーシャルメディアのテクノロジーはメディアの基盤となりつつあり、そして、HRテックは人材採用の基盤になりつつあります。続きを読む

採用関連システムの変革者:それは新しい挑戦者ではなく、既存の人材紹介会社である

DaXtra Technologies AsiaのCEO、Sergei Makhmodovは主張します。

「人材紹介会社は技術革新に乗り遅れているのでしょうか? いいえ、実際、彼らは採用における技術革新を推進しています。」

テクノロジー業界で働いていると、しばしば新製品がどのように生まれるのだろうかと疑問に思う人々に遭遇します。まずテクノロジーの天才の頭にアイデアが浮かび、そして何ヶ月かの開発の後に現状をすっかり変えてしまうようなソリューションが生まれると思う人と長年の厄介で高価な研究や開発の最終結果であると考えている人もいます。続きを読む